FXで退場してしまう人の特徴と対策

FXで負けないために

「FXでの退場が怖い…」

「大損をして後戻りできない…」

FXは誰でも少額から始められるので副業として選ぶ人も多いですが、欲を出しすぎたせいで退場へと追い込まれている人も多いのではないでしょうか?

結論からいうと、ギャンブル思考でFXをしている人のほとんどが退場に追い込まれる傾向にあります。

よって、退場してしまう原因と対策をしっかりと理解しておく必要があります。

この記事では、下記の内容に沿って解説していきます。

・FXで退場してしまう人の特徴
・FXで退場しないための対策
・手遅れになる前に

FXで退場してしまう人の特徴5つ

FXの世界では9割のトレーダーが退場していると言われていますが、退場してしまう人には必ず共通点があります。

ここからは、FXで退場してしまう人の特徴について5つに分けて解説していきます。

【FXで退場してしまう人の特徴1】損切りをしない

FXで退場してしまう人の多くは、損切りができない傾向にあります。

「また相場が戻るはず…」

「損失を出したくない…」

損失を出したくないという気持ちが先行してしまい、いつになっても損失を確定させることができない人が多いです。

その結果、損失が膨らみ続けて、最終的に強制ロスカットとなってしまいます。

そういった繰り返しが資金不足につながり最終的に退場となる可能性が高くなるので注意が必要です。

【FXで退場してしまう人の特徴2】資金管理不足

FXで退場してしまう人の多くは、資金管理不足の傾向にあります。

FXは基本的に少額から取引を積み重ねて経験を積み、独自の投資スタイルを確立することを優先するものですが、最初から大きなお金を動かしてしまう人も少なくありません。

大きなお金を動かして失敗した分を取り戻そうと、損失をカバーするために残しておいた資金にも手を出してしまうというケースはよくある話です。

損失をなんとかカバーしようとするあまり、冷静な判断ができずさらに大きな損失を出してしまう可能性があるので注意が必要です。

【FXで退場してしまう人の特徴3】レバレッジが高すぎる

FXで退場してしまう人の多くは取引のレバレッジが高すぎる傾向にあります。

少ない資金で大きな金額を動かすことできるレバレッジですが、レバレッジは高ければ高いほど強制ロスカットのリスクは高くなります。

強制ロスカットが正常に作動すれば不幸中の幸いですが、相場が急変した際などに、この強制ロスカットが機能しないことがあります。

証拠金以上の損失が出てしまった場合は、FX会社から追加入金を要求されますが、追加入金するお金がなく借り入れをしたり、退場してしまう人も少なくないので注意が必要です。

【FXで退場してしまう人の特徴4】利確のタイミングが適当

FXで退場してしまう人の多くは、利確のタイミングが適当な傾向にあります。

投資では、利益をできるだけ多く残し損失をできるだけ少なくすることが鉄則ですが、利益を出すことに執着しすぎて、利益をすぐに確定してしまう人が多いです。

しかし、適当なタイミングで利確した小さな利益を積み重ねても、一度の損失でその利益が一瞬で消える可能性は非常に高いです。

利益に執着するあまり、適当に利確を積み重ねることは、いずれ退場となる予兆とも言えるので注意が必要です。

【FXで退場してしまう人の特徴1】気分でトレードしている

FXで退場してしまう人の多くは、気分でトレードしている傾向にあります。

FXは予期せぬ出来事が頻繁に起こることでも知られていますが、テクニカル分析を利用してチャートを分析することで、リスクはかなり軽減されるので、トレーダーには必須の分析といえます。

しかし、テクニカル分析もせず気分で取引をしてしまう人が多いのが現状です。

気分での取引は、根拠のない考えでの取引を重ねることになるので当然、退場のリスクは高くなります。

感情だけでのトレードは、大きな損失を生み出す原因にもなるので、注意が必要です。

FXで退場しないための対策5選

最適な副業としてFXを選ぶ人も多いと思いますが、FXは退場に追い込まれる前にしっかりと対策をすることが大切です。

どんなに副業として魅力があっても、FXで勝ち続けるために必要なことをしっかりと理解していなければ意味がありません。

ここからは、FXで退場しないための対策について5つに分けて解説していきます。

【FXで退場しないための対策1】損切りルールを徹底する

FXで退場しないための対策のひとつが、損切りルールを徹底することです。

しっかり損切りをすることができれば、損失の拡大を最小限に抑えることがきます。

相場を予想して取引をしたが、損益が増え続けている状況は、すでに予想が外れていることを意味しています。

そのまま保有し続けても、損益がいま以上にどんどん膨らんでいく可能性があるので、早めの損切りを徹底して、できるだけ損益を少なくできるようにしましょう。

【FXで退場しないための対策2】資金管理を徹底する

FXで退場しないために、資金管理を徹底することも対策のひとつです。

FXは証拠金管理がとても重要なので、証拠金として入金する金額に対して、どこまでの範囲で取引をするかを明確に決めておく必要があります。

予想外の為替変動が起きても、それをカバーできるだけの証拠金を維持していれば、追加入金をする必要もありません。

しっかりと資金管理を行なっていれば、損失が原因で退場となる可能性も少なくなるので、しっかりと資金管理を行えるようにしましょう。

【FXで退場しないための対策3】低いレバレッジ管理を徹底する

FXで退場しないための対策として低いレバレッジ管理を徹底することも大切なことのひとつです。

レバレッジが高いということは、それだけ相場が大きく変動した時に損失が拡大しやすいということです。

レバレッジを低く設定することで、損失を最小限にできるので、退場となるリスクもかなり軽減されます。

小さな努力を積み重ねることになりますが、それぐらいの気持ち余裕がなければ、FXで結果的に勝ち続けることはできません。

【FXで退場しないための対策4】トレードルールを徹底する

FXで退場しないために自身のトレードルールを徹底することも対策のひとつです。

自身がしっかりテクニカル分析も用いてトレードのルールを決めていないと、予想以上に損失が拡大してしまったり、レバレッジが高すぎる取引をしてしまう原因になります。

  • どれくらいの資金を残すのか
  • どこで損切りをするのか
  • レバレッジは何倍に抑えるのか

自身でしっかりとルールを決めて取引を行えば、退場のリスクは大きく軽減されるので、しっかりとルールを決められるようにしましょう。

【FXで退場しないための対策5】投資から離れてみる

FXで退場しないための対策として投資から離れてみるのもひとつの手です。

退場してしまう人のほとんどは、利益を出すことに躍起になってしまい冷静な判断力が欠落している傾向にあります。

  • 今すぐ大金が欲しい
  • 負けをすぐに取り戻したい
  • お金持ちになりたい

いかにリスクを軽減して取引するかよりも、利益を出すことしか考えない取引は大変、危険な行為です。

冷静な判断を欠いてしまっていると感じた時は、すぐに投資から離れて、自身の投資を見直すことも大切です。

【まとめ】FXで手遅れになる前に

FXは、不労所得が得られる最適な副業といえますが、やり方次第でギャンブルとなり自身の人生を大きく狂わせるものとなります。

安易な考えで取引を続けると、資金が底を尽きて、負債を抱えたまま退場となる可能性が非常に高くなります。

手遅れになる前に自身の投資スタイルを振り返り、退場なる要因がないかを見極めて、改善することがとても重要です。

ひとつひとつの積み重ねが、より良い投資生活につながっていきますので、努力を怠らず常に学び続ける努力をできるようにしましょう。

error:
タイトルとURLをコピーしました