FXで大損するのを防ぐには?FXで大損しないための対策

FXで負けないために

FXはレバレッジを効かせることで少額でも大きな利益を出せますが、他の投資と同様にリスクがあります。

リスクヘッジ(リスク回避)をすることがFXでは大切であり、FXで大損することを防げます。

FXで大損を出してしまうのには理由があり、リスクヘッジを全くしていないか、リスクヘッジの方法に問題があるかのどちらかです。

この記事では、FXで大損してしまう理由を明らかにして、FXで大損しないためのリスク対策について説明します。

FXで大損してしまう理由とは?

FXで大損してしまう最大の理由は「損切りができない」ことに尽きます。

損切りができれば損失を限定できるので、強制ロスカットされて大損をすることは少ないでしょう。

「損切りのタイミングが早すぎる」ことも大損を出してしまう理由になるため、FXで大損を防ぐには「損切り」の正しい方法を知っておくことが大切です。

 

損切り(ロスカット)とは、損失を最小限に抑えるために、損を出すことを承知で保有しているポジションを解消することをいいます。

為替相場は上がるか下がるかのどちらかなので、予想に反した値動きをすることは当然ながら起こります。上がると予想してロングポジション(買いポジション)を持ったのに、予想に反して下がった場合は損失がどんどん膨らんできます。

この場合、下落の途中で損切りをすることでポジションを解消でき、強制ロスカットされて大損することを防げます。

損切りはFXのリスクヘッジの基本であり、適切なタイミングで損切りができるようになればFXで勝てるようになるでしょう。

損切りをしないと大損をすることがある

損切りの重要性はわかっていても、躊躇なく損切りができない人も多いです。人間の心理として損を出すことには大変な抵抗があり、「損をするのがつらい」と思うのは人間なら当然でしょう。

「そのうち値上がりするだろう」と自分に言い聞かせて損切りをしないケースは多く、人間の自然な感情に逆らって損切りをするのはつらいですが、損切りをしないと大損をすることがあります。

相場が急に荒れ始めると、売りが殺到して強制ロスカットが間に合わないことがあり、証拠金が不足する場合はFX会社から追加でお金を請求(追証請求)されてしまいます。早い段階で損切りをすることで、このような最悪な事態になるのを防げます。

 

大損を防ぐためには、エントリーの段階で「損切りライン」と「利食いライン」を決めておきます。「利食い幅の半分以下」が損切りラインの目安であり、エントリーと同時に逆指値注文(ストップ注文)をしておくと、損切りラインで自動的に損切りされます。

損切りのタイミングは、ロングポジションを持っている場合は移動平均線のサポートラインの少し下、ショートポジションを持っている場合はレジスタンスラインの少し上で損切りをするのが基本です。

損切りルールを決めておくことで大損を防げる

損切りのタイミングは人によって違いがありますが、FXで大損を防ぐにはあらかじめ「損切りルール」を決めておくことが大切です。一度決めた損切りルールは必ず守り、ルールを守ることを習慣にするように心がけましょう。

ルールを厳守することはFXのメンタル管理の基本でもあり、良好なメンタルの状態を維持することで勝てる可能性が高まります。

FXで一度も負けずに勝ち続けることは不可能であり、負けた時に備えることが重要です。長期的に勝てるようになれば良いわけであり、損切りルールを決めておくことは長期的な勝利につながります。

 

一度決めた損切りルールは厳守することが必要ですが、定期的に見直して改善することも大切です。損切りのタイミングを掴むのは非常に難しく、トレードの経験を重ねるうちにだんだんとわかるようになってきます。

損切りルールに限らずトレードルールを見直す際には正確なデータを収集しておくことが必要であり、どのタイミングで損切りをして、どのタイミングで利食いをしたのかを記録しておきましょう。

「休むも相場」の格言にあるように、トレードをしない時間を持つこともFXで勝つためには大切です。週末や月末などにトレードルールの見直しを行い、「利益を増やして損失を減らす」ルールに改善していきましょう。

毎日稼ごうとしない

FXで大損する理由で最も多いのは「損切り」に関することですが、取引回数を増やし過ぎることも大損する理由の一つです。FXは24時間取引ができるため、特に初心者は頻繁に取引を繰り返す傾向があります。

FXで毎日稼ぐことは不可能であり、利益を出せない時も当然ながら存在します。稼げない時に無理をしてトレードをすると失敗するケースが多く、冷静な判断ができずに大損を出してしまうことがあります。

勝てるチャンスがある時だけエントリーして、チャンスがない時はポジションを持たないようにすることが大損を防ぐことにつながります。常にポジションを持っておこうとする「ポジポジ病」は、FXで大損をする可能性が高まるので注意が必要です。

 

FXで負けが続くと損失を取り戻そうとして、無茶なトレードをしてしまうことがあります。普段は冷静な人でも負けが続くと焦ってしまい、信じられないような取引をして大損を出してしまいます。

これは人間の自然な感情であるため、誰もが一度は経験することですが、トレードルールを厳守することで無理なトレードをすることは防げます。

FXで負けが続く場合はしばらくはトレードを控えて、気分をリフレッシュすることが大切です。負けが続く時は必ずあるので、負けが続く時のルールを事前に決めておくと良いでしょう。

 

FXで大損を防ぐには資金管理の徹底が不可欠です。FXで勝ち続けているトレーダーの多くは「2%ルール」という方法で資金管理を行っており、「2%ルール」による資金管理方法はFXで大損を防ぐことに大きく貢献します。

「2%ルール」とは「自己資金の2%までしかリスクを取らない」というもので、投資資金が100万円の場合だと2万円までに損失を抑えるようにします。つまり、100万円の証拠金でFXをするのであれば、含み損が2万円になったら損切りをして損失を限定するわけです。

「2%ルール」はとてもシンプルですが損失を抑える効果は大きく、「2%ルール」で資金管理を徹底することは極めて重要です。「2%ルール」はFXだけでなく、株式投資やあらゆる投資の資金管理に使えます。

分散投資をすることもリスク対策になる

資産運用をする際は分散投資が基本であり、全ての資産をFXで投資するのではなく、株式投資や投資信託、REITなどでも運用をすることが投資で大損を防ぐことにつながります。

レバレッジ取引のFXは少ない資金を大きく増やせる可能性がありますが、失敗した時に備えることも必要です。分散投資をしておくとFXで損失が発生した場合でも、他の金融資産の含み益で損失を充当できる場合があります。

まとめ

・FXで大損してしまう最大の理由は「損切りができない」ことに尽きる

・エントリーの段階で「損切りライン」と「利食いライン」を決めておく

・あらかじめ損切りルールを決めておき厳守する

・取引回数を増やし過ぎないように注意して無理なトレードは避ける

・「2%ルール」による資金管理方法を徹底する

・分散投資をする

以上がFXで大損しないための対策です。これらのリスク対策を実践することで大損を防ぎ、FXで勝つ可能性を高めることに大きく貢献します。

error:
タイトルとURLをコピーしました