FXの逆張りは危険なの?FXの逆張りでの稼ぎ方を教えます!

FX戦略・攻略

FXのトレード手法は「順張り」と「逆張り」があります。順張りはトレンドに従ってエントリーするので比較的簡単ですが、逆張りはトレンドに逆らってエントリーをするため、エントリーのタイミングが非常に難しいです。

しかし、逆張りはエントリーに成功すると、トレンドが変わる最初の段階でポジションを持てるので、順張りよりも大きな利益を獲得できます。1回の取引で大きく稼げる逆張りは魅力がありますが、リスクもあるので注意が必要です。

この記事ではFXの逆張りの手法を解説し、逆張りでの稼ぎ方を明らかにします。

逆張りが難しい理由

順張りは相場のトレンドに合わせてエントリーするので、エントリーのタイミングが多少ずれても問題はありません。トレンドが途中で変わらない限り、トレンドが終わるまで利益の獲得が期待できます。

一方、逆張りはトレンドの流れに逆らってエントリーするため、エントリーのタイミングが早すぎるとトレンドが反転するまで損失が膨らみ続けます。エントリー後にトレンドが予想通りに反転しなかった場合は、早めに損切りをして撤退するしかありません。

株式投資では出来高(取引量)や板情報をチェックできるので、セリングクライマックスを利用した逆張り手法が可能です。しかし、FXはリアルタイムで出来高をチェックできないため、限られた情報でトレンドの転換点を探さなければなりません。

株式投資で逆張りが得意な人でもFXだとエントリーを失敗することはよくあり、FXでトレンドの転換点でエントリーすることは上級者でも難しいです。

トレンド相場で逆張りをする理由

逆張りはトレンドの転換点を狙ってエントリーします。上手くいけば底値や天井付近でポジションを取得できるので、トレンドが転換後は1回の取引で大きな利益を獲得できます。

「安値で買って高値で売る」が投資で儲ける基本ですが、逆張りはトレンド相場でエントリーに成功できれば儲かる可能性が非常に高いです。

FXは勝率にこだわるよりもリスクリワードレシオ(損益比率)を1以上にすることが大切であり、1回の取引で大きな利益を獲得できる逆張りは理想的なトレード手法だと言えるでしょう。

トレンド相場での逆張りは危険

株の現物取引の場合だとトレンド相場で逆張りをしてもリスクは限定されますが、FXはレバレッジ取引なのでトレンド相場での逆張りはリスクが大きいです。安全性を考えると、トレンド相場の時は逆張りではなく順張りでトレードをするのが無難でしょう。

トレンド相場の時は順張りの方が圧倒的にエントリーしやすく、初心者でも成功する可能性が高いです。簡単に稼げる時にあえて難しい手法を取るのは非合理であり、大きな値幅を狙えそうに思えても無理をするのは避けましょう。

トレンド相場の時は、高値と安値が交互に連続して切り上がっていくので、強いトレンド相場が形成されている時はチャートを見るとすぐにわかります。強いトレンドになっていれば、どのタイミングでエントリーしても利益が得られます。

逆張りはレンジ相場に強い

相場のほとんどはレンジ相場であり、FXではレンジ相場が7割でトレンド相場が3割だと言われています。レンジ相場は明確なトレンドが発生しておらず、一定の値幅(レンジ)内を行ったり来たりすることが特徴です。

逆張りはレンジ相場に強いことが特徴で、レンジ相場だとエントリーがしやすく、利確のタイミングも掴みやすいです。ボックス圏の底(サポートライン)でエントリーして、ボックス圏の天井(レジスタンスライン)で売ると利益を獲得できます。

レンジ相場の時は逆張りで「上がったら売り」「下がったら買う」を繰り返すことで利益を獲得でき、資金を増やすことに貢献します。ただし、レンジ相場はいつか必ずトレンド相場に変わるので、相場の状況を絶えずチェックすることが大切です。

レンジ相場がトレンド相場に変わるタイミングを「レンジブレイク」と言います。ブレイクアウトすると強いトレンドが発生しやすく、トレンドが発生したら順張りでトレンドフォローをすることで利益の拡大を目指せます。

レンジブレイクは大きく稼ぐチャンス

ブレイクアウトすると強いトレンドが発生しやすい理由は、需給バランスが崩れて方向性が明確になるからです。値動きがレジスタンスラインやサポートラインを強い勢いで突き抜けた時がレンジブレイクなので、順張りでエントリーすると稼げる可能性が高まります。

レンジブレイクした直後にレジスタンスラインまで値動きが一瞬落ちることがありますが、これは「ロールリバーサル」といいます。ロールリバーサルが起こるとレジスタンスラインがサポートラインに変わり、強いトレンド相場が形成されます。

日本人のトレーダーは逆張りを好む

海外のトレーダーは順張りをする人が多いですが、日本のトレーダーは逆張りを好む人が多いです。

日本人のトレーダーが逆張りを好む理由は、農耕民族としての民族性や極端なものを嫌う国民性、移動平均線乖離率などのオシレーター系のテクニカル分析を重視するトレーダーが多いなどの理由が指摘されています。

日本人の逆張り好きは相場に明確に現れており、日本人のトレーダーの参加者が多い東京時間はレンジ相場になりやすく、欧米人の参加者が多いロンドン時間やニューヨーク時間はトレンド相場になりやすいです。

東京時間がレンジ相場になりやすい理由は、日本人のトレーダーが一斉に逆張りでトレードをするからです。ロンドン時間やニューヨーク時間は順張り好きの外国人が一斉にトレードをするので強いトレンドが形成されやすく長く続きます。

順張りと逆張りを併用する

東京時間(8時~16時頃)は逆張りを意識してトレードを行い、夕方から夜にかけては順張りを意識してトレードをすると利益を出せる可能性が高まります。ただし、これはあくまでも傾向であり、必ずそうなるわけではありません。

チャートを注視してトレンド相場かレンジ相場のどちらかを見極め、相場の状況に応じて順張りと逆張りを併用することが大切です。トレンド相場かレンジ相場のどちらかはっきりわからない時は無理をしてエントリーすることは控えましょう。

 

通貨ペアの中ではドル/円がレンジ相場になりやすく、逆張りをするのに向いています。ドル円の1日の値動きは50pipsの範囲で収まることが多く、「上がったら売り」「下がったら買う」を繰り返すことで利益を上げられます。

ユーロ/英ポンドやユーロ/スイスフランもレンジ相場になりやすい傾向があり、逆張りに適した通貨ペアです。逆に逆張りに向かないのはカナダ系の通貨ペアや豪ドル系の通貨ペアであり、他の通貨ペアも基本的には順張りの方が向いています。

まとめ

・トレンド相場での逆張りは危険

・逆張りはレンジ相場に強い

・レンジブレイクは大きく稼ぐチャンス

・順張りと逆張りを併用するのが基本

・ドル/円は逆張りに向いている

トレンド相場の時は逆張りは危険であり、強いトレンドが形成されているのであれば、素直に順張りでエントリーすると良いでしょう。逆張りはレンジ相場に強く、「上がったら売り」「下がったら買う」を繰り返すことで利益を獲得できます。

レンジ相場がトレンド相場に変わるレンジブレイクは大きく稼げるチャンスです。取引時間では、東京時間は逆張りを意識し、ロンドン時間とニューヨーク時間は順張りを意識しましょう。

error:
タイトルとURLをコピーしました