FXの稼ぎ方・攻略・株との違い・解説まとめ

FXとは?FXとは何かを初心者にわかりやすく解説!

FXとは「外国為替証拠金取引」のことで、外国為替を証拠金で取引することで利益の獲得を目指します。

初心者の方は難しく思われるかもしれませんが、円高になるか円安になるかを予想するだけですので、慣れると簡単に覚えられます。

この記事では、FXとは何かを初心者の方にわかりやすく解説します。

 

外国為替とは?

日本からハワイに旅行する場合、現地では日本のお金が使えないので、日本円をドルに両替することが必要になってきます。

円をドルに両替することを「外国為替取引」といい、円をドルに両替することは「円を売ってドルを買う」ことと同じ意味です。

10,000円を100ドルに両替する場合だと、10,000円で100ドルを買うことになります。

 

為替レートとは?

円とドルの交換比率のことを為替レートといい、為替レートは日々変動します。

為替レートが1ドル100円の時もあれば、1ドル110円の時もあるわけですが、1ドル100円の時にドルを買って、1ドル110円になった時にドルを売れば差額の10円が儲けになります。

つまり、安い時にドルを買って、値上がりした時にドルを売れば儲かるわけです。

これがFXの基本で、為替レートの変動を予想しながら通貨を売買して、差額収益の獲得を目指します。

 

「円高」「円安」とは?

FXは為替レートの変動を予測して儲けを狙う取引ですが、為替レートが変動して円が高くなることを「円高」といい、円が安くなることを「円安」といいます。

為替レートが1ドル100円の時は10,000円で100ドルを購入できますが、為替レートが1ドル110の時は10,000円で90.9ドルしか購入できません。

この場合はドルの価値が上がり(ドル高)、円の価値が下がった(円安)ことになります。

1ドル100円の為替レートが1ドル110円になった時は「円安」、1ドル110円が1ドル100円になった時は「円高」というわけです。

円高の時にドルを買って、円安になった時にドルを売ると差額収益を獲得できます。

FXは少ない金額で取引ができる

FXは「外国為替証拠金取引」といいますが、「証拠金」で外国為替取引ができることがFXの特徴です。

100万円の資金があれば、1ドル100円の時にドルを買って、1ドル110円になった時にドルを売ると10万円の儲けになります。

FXでは100万円の資金がなくても、4万円の証拠金で100万円分の取引ができます。

4万円の資金があれば、1ドル100円が110円になると10万円の儲けを出せるわけです。

これがFXの大きな魅力で、手持ちの資金が少なくても大きな取引ができ、資金を大きく増やせます。

 

少ない金額で取引ができる秘密は「レバレッジ」にある

FXでは100万円の資金がなくても、4万円の証拠金で100万円分の取引ができますが、これが可能なのは「レバレッジ」という仕組みにあります。

レバレッジとは「てこの原理」のことで、小さな力で大きなものを動かすという意味です。FXでは25倍のレバレッジを効かせることができ、投入した証拠金の25倍の取引ができます。

証拠金が4万円の場合だと4万円×25=100万円になり、100万円分の取引が可能になります。

証拠金が100万円の場合だと2,500万円分の取引ができ、1ドル100円が110円になると250万円の儲けが出ます。

このように、FXはレバレッジを効かせることで効率の良い資産運用が可能で、短期間で資産を大きく増やせる可能性があります。

元手が少ないと資産運用ができないと思われがちですが、FXなら元手が少なくても資産運用ができるので、これから資産運用を始めたい方にFXは最適です。

少ない元手でFXを始めて億万長者になった人は数多く存在し、トレードに成功すると一攫千金を狙えます。

 

FXは「買い」と「売り」の両方の取引ができる

FXは「買い」と「売り」の両方の取引が可能で、「ドルを買って円を売る」ことも「ドルを売って円を買う」こともできます。

「買い」で取引することを「ロング」といい、「売り」で取引することを「ショート」といいます。

為替レートが将来円安(ドル高)になると予想される場合は、「ドルを買って円を売る」と利益の獲得が期待でき、将来円高(ドル安)になると予想される場合は「ドルを売って円を買う」と利益の獲得が期待できます。

これにより、EXは為替レートが円高になっても円安になっても利益の獲得が期待でき、相場の状況に応じて臨機応変に対処することが可能です。

 

FXは24時間取引ができる

FXは24時間取引ができるので、会社勤めをしている人や主婦でも手軽に取引ができます。

株式投資の場合だと平日の9:00~11:30までと12:30~15:00までの計5時間しかマーケットが開いていませんが、FXは世界中のマーケットで取引ができるため、24時間取引が可能になります。

夜の21:00になると世界最大のニューヨーク市場が開き、世界中から資金が集まって壮大な売買が展開されます。

FXで取引ができないのは土曜日と日曜日、1月1日だけで、それ以外であれば祝日でも取引が可能です。

スワップポイントとは?

FXは為替差益が利益になるだけでなく、スワップポイントという利益も得られます。

スワップポイントとは通貨の金利差のことで、金利の高い国の通貨を購入し、金利の低い国の通貨を売った場合に、両通貨の金利差に相当する収益が毎日得られます。

日本の金利は低いので、ほとんどの通貨でスワップポイントが発生します。

高金利通貨になるほどスワップポイントが多く発生するため、トルコリラなどの高金利通貨を保有していると有利です。

スワップポイントは日々変動しますが、トルコリラの場合だと日本円との金利差は約8.35%、メキシコペソは約4.50%、南アフリカランドは3.50%です。

なお、米ドルやユーロは日本円と同様に低金利なので、スワップポイントはほとんど発生しません。

FXを始めるには?

FXを始めるにはFX口座を開設することが必要で、手数料などは無料で開設できます。

年齢などの条件はFX会社によって異なりますが、18歳以上であれば未成年者でも開設できる場合があります。

キャンペーンを実施しているFX会社もあり、投資資金がプレゼントされたり、キャッシュバックの恩恵が受けられます。

口座開設では免許証などの本人確認書類とマイナンバーが必要で、源泉徴収票などの収入を証明する書類は必要ありません。マイナンバーカードを発行している人は、マイナンバーカードだけあればOKです。

口座開設に際しては審査が行われ、審査基準はFX会社によって異なりますが、学生やフリーター、主婦、無職でも一定の資産があれば、ほとんどのケースで審査は通ります。

FX会社によっては、申し込んだ当日に審査が終わり、すぐに取引が可能になる場合があります。

 

FXと株の違いは?どちらが有利に資産運用ができるかを検証!

資産運用の方法には、FXや株式投資、投資信託などがありますが、FXと株ではどちらの方が有利なのでしょうか?

FXと株は取引方法が非常に似ており、FXの知識や経験は株式投資でも十分通用しますし、株式投資の経験があればすぐにでもFXを始められます。

しかし、FXと株には異なる点もあり、どちらが有利なのかは資産運用の目的などによって違ってきます。

この記事ではFXと株の違いを説明します。資産運用をする際の参考にして頂ければ幸いです。

FXと株の最大の違いはレバレッジの大きさ

FXと株の最大の違いはレバレッジの大きさです。

FXのレバレッジは最大25倍で、株のレバレッジは最大3倍なので、レバレッジを効かせて少ない資金を大きく増やしたい場合はFXの方が圧倒的に有利です。

100万円の資金がある場合、FXだと最大で2,500万円の取引ができますが、株だと最大で300万円の取引しかできません。

株でレバレッジを効かせた投資をするには信用口座の開設が必要で、信用口座を開設するには審査に合格することが必要です。

株の信用口座を開設する際の審査は厳しく、一定の投資経験と専門知識、資力があることが要求されます。

審査に落ちた場合はレバレッジを効かせた信用取引はできず、現物取引しかできません。

FXの口座を開設する際にも審査はありますが、FXの口座開設の審査基準は株よりも緩く、ほとんどの方は審査に合格します。

よって、レバレッジを効かせて少ない資金で資産運用をしたい方は株よりもFXの方がおすすめです。

 

FXと株は取引可能な時間が違う

株で取引ができるのは、平日の9:00~11:30までと12:30~15:00までの計5時間で、土日祝日や年末年始は取引できません。

FXは平日24時間取引を行っており、FXで取引ができないのは土曜日と日曜日、1月1日だけで、それ以外であれば祝日でも取引が可能です。

平日の日中に働いている会社員などは24時間取引ができるFXの方が有利で、仕事が終わってからの夜間や早朝の時間を利用して資産運用ができます。

なお、株式投資も予約注文をすると仕事中でも取引ができますが、仕事中は相場チェックができないなどの制約を受けるため、FXと比べると明らかに不利です。

FXと株はインカムゲインが違う

FXは為替差益、株は売買差益のキャピタルゲインが得られる点では共通しています。

どちらも安い時に買って高い時に売れば儲けが出るわけですが、キャピタルゲインの他にインカムゲインも得られます。

FXのインカムゲインは「スワップポイント」で、低金利通貨と高金利通貨の金利差分のスワップポイントを毎日受け取れます。

ただし、近年は各国とも低金利政策を行っているため、スワップポイントは以前と比べると少なくなっています。

株のインカムゲインは「配当金」で、企業の業績が好調の場合は年に1~2回にわたって配当金が支給されます。

企業によっては「株主優待制度」があり、株主に対して商品券やお食事券などがプレゼントされる場合があります。

ただし、業績が悪いと配当金は支給されず、現実には無配になるケースが圧倒的に多いです。

FXと株は値動きの大きさが違う

FXの投資対象は通貨ですが、通貨は値動きの幅が小さく最大でも年間30%程度です。

通貨は大きく値上がりすることはありませんが、最大25倍のレバレッジを効かせることで値動きの幅が小さくても大きな利益を生み出すことが可能です。

一方、株は値動きの幅が大きく、1年間で株価が10倍になる「テンバガー(10倍株)」という銘柄も存在します。

値動きの大きさでは株の方が有利ですが、株は株価が10倍になることがある反面、株価が0円になるというリスクが存在します。

値動きの幅が小さくてもレバレッジを効かせることで大きく稼ぎたい方はFXが向いており、大きな値動きで資産を増やしたい方は株が向いています。

FXと株は投資対象が違う

FXの投資対象は円やドル、ユーロなどの通貨で、ドル円やユーロドルなど2つの通貨の組み合わせ(通貨ペア)単位で投資を行います。

人気の高い通貨ペアは米ドル/円や豪ドル/円、ユーロ/円などですが、投資家の多くは米ドル/円で取引を行っています。

株の投資対象は企業が発行する株式であり、証券取引所に上場している全ての株式が投資対象になります。

株式投資をする際は、証券取引所に上場している膨大な数の株式の中から銘柄を選定することが必要で、銘柄の選定には大変な手間と時間がかかります。

また株式投資では、損益計算書や貸借対照表、キャッシュフロー計算書などの財務諸表の指標から会社の状態を読み解くファンダメンタル分析も要求されるため、初心者にはハードルが高い場合があります。

FXは株のようなファンダメンタル分析は必要ないので、初心者はFXの方が向いています。

なお、テクニカル分析の手法はFXと株は基本的には同じです。

 

株は出来高と板情報のチェックが重要

株の取引では出来高と板情報のチェックが重要になってきます。

出来高とは株の取引量のことであり、出来高が増えてくると下げ止まりのサインになります。

板情報をチェックすると値段ごとの「売り」と「買い」の注文数がわかり、短期的な株の値動きを察知できます。

板情報をチェックして「売り」の注文数が「買い」よりも多い場合は、株価は短期的には値下がりする可能性が高いです。

FXの取引には出来高や板情報はなく、日々の値動きだけを追っていくだけで為替レートの変動を予想することが可能です。

どちらが良いかは人によってさまざまですが、出来高と板情報のチェックで短期的な値動きを察知できる株式投資の方が予想しやすい場合があります。

FXと株の勉強方法の違い

資産運用を成功させて資産を増やすには勉強を続けることが大切ですが、FXと株では勉強方法が少し違ってきます。

FXはファンダメンタル分析は不要なので、財務諸表の読み方などは特に勉強をする必要はありませんが、金融緩和や金融引締めなどの金融政策については勉強をしておいた方が良いでしょう。

株式投資では財務諸表の読み方がわからないとファンダメンタル分析ができないため、決算書分析について書かれた書籍などで勉強をすることが必要です。PERやPBR、EPSなどのファンダメンタル分析の基本となる指数についても、しっかりと理解をしておきましょう。

なお、チャートの読み方やテクニカル分析、メンタル管理、資金管理の方法などはFXと株は共通しているので、書籍やWEBサイトの記事などを読んで勉強してください。

 

FXの稼ぎ方がわかる!FXのトレード手法とテクニカル分析

FXは為替レートが上がるか下がるかを予想するシンプルな取引なので、初心者でもすぐに始められます。

しかし、初心者が稼げるようになるには、丁半博打のような予想をするのではなく、トレード手法やチャートの分析方法についての理解を深めることが大切です。

相場の状況に合わせて適切な手法でトレードを行い、正確なチャート分析ができるようになると勝率はアップするでしょう。

この記事では、初心者がFXで稼げるようにするための「稼ぎ方のコツ」を解説します。

FXのトレード手法の基本

FXのトレード手法は「順張り」と「逆張り」の2種類の手法があります。

順張りは相場のトレンドに合わせてエントリーするトレード手法で、上昇トレンドの時は買いでエントリーして、上昇トレンドが終わるタイミングで売って利益を確定します。

下降トレンドの時は売りでエントリーして、下降トレンドが終わるタイミングで買い戻して利益を確定します。

逆張りは相場のトレンドに逆らってエントリーする取引手法で、下降トレンドの時はトレンドが終わるタイミングを見極めて買いでエントリーし、上昇トレンドの時は売りでエントリーします。

順張りと逆張りはそれぞれメリットとデメリットがあるので、相場の状況に合わせて臨機応変に適用することが大切です。

 

順張りのメリットとデメリット

順張りはトレンドの流れに合わせてエントリーするため、初心者でもエントリーするタイミングが掴みやすく、そのままの流れでトレンドが続くと利益を拡大できることがメリットです。

安心できる好材料が出たことで上昇トレンドになり、投資家に安心感が広がっている時は安心してポジションを維持できるのでメンタルも安定します。

損切りのタイミングが掴みやすいことも順張りのメリットです。

順張りは現在のトレンドが続くと予想してエントリーするので、エントリー後にトレンドが変わった時点で損切りをすれば損失を最小限に抑えられます。

順張りのデメリットは、利益確定のタイミングがわかりにくいことです。

トレンドが終わったと判断して利確したのに、さらにトレンドが続いて大きな利益を取り逃がしてしまうことはよくあります。

 

逆張りのメリットとデメリット

逆張りはトレンドの流れに逆らってエントリーする手法なので、順張りよりもエントリーのタイミングが掴みにくいです。

しかし、底値や天井付近でエントリーできる可能性があり、トレンドが反転後は順張りよりも大きな利益が得られます。

「安値で買って高値で売る」が投資で儲ける鉄則なので、逆張りは理にかなった有効なトレード手法だと言えるでしょう。

逆張りのデメリットは、エントリー後にトレンドの流れが変わらなかった場合、損失が大きく膨らむ恐れがあることです。

逆張りをする際は必ず損切りラインを決めておき、エントリーに失敗した時には迅速に損切りをすることが大切です。

相場の状態を見極めて順張りか逆張りを決める

相場の状態は「トレンド相場」と「レンジ相場(ボックス相場)」に大別できます。

トレンド相場は上昇か下降かがはっきりしている相場で、レンジ相場はトレンドがはっきりせず、ある決まった範囲内で上下を繰り返している相場をいいます。

投資家が安心できる好材料が出た時にはトレンド相場になりやすく、特に目立った好材料がない時はレンジ相場になりやすいです。

トレンド相場の時は「順張り」でエントリーすると良く、レンジ相場の時は「逆張り」の方が向いています。

トレンドがはっきりしている時に順張りでエントリーすると、そのままトレンドの流れに乗って利益をどんどん拡大できます。

トレンドがはっきりしている時に、トレンドの流れに逆らって逆張りでエントリーするのは無謀であり、損失がどんどん拡大するだけです。

レンジ相場の時は逆張りでのエントリーが基本で、「下がったら買い」「上がったら売り」を繰り返すことで、トレンドが発生していなくても利益を生み出せます。

チャートの分析方法(テクニカル分析)

トレンド相場の時は「順張り」、レンジ相場の時は「逆張り」が基本ですが、初心者がFXで稼ぐにはトレンド相場とレンジ相場の見分け方を知っておくことが大切です。

トレンド相場とレンジ相場はチャート分析(テクニカル分析)をすることで判明します。

テクニカル分析の手法はいろいろありますが、トレンド相場とレンジ相場を見分ける際に役立つテクニカル指標には「移動平均線」「ボリンジャーバンド」「RSI」「移動平均線乖離率」などがあります。

移動平均線

移動平均線はある一定期間の平均価格の推移を折れ線グラフで表示したものです。

とてもシンプルなテクニカル指標ですが、移動平均線を読み解くことで相場の状態や買い時、売り時などがわかります。

移動平均線が上を向いていれば上昇トレンドで、下を向いていれば下降トレンドです。移動平均線の傾きが大きいほど、強いトレンドが発生していることがわかります。

強いトレンドが発生している場合は順張りでエントリーして、移動平均線を注視してトレンドの流れが変わった時点で利確をすると稼げます。

移動平均線が横ばいの時はレンジ相場なので、逆張りで「下がったら買い」「上がったら売り」を繰り返すことで利益を上げられます。

なお、移動平均線は短期・中期・長期の3本の折れ線グラフで表示するケースが多く、長期の移動平均線の下を短期の移動平均線が突き抜けることを「ゴールデンクロス」といいます。

ゴールデンクロスの時は「買い」でエントリーするサインです。

RSI

FXで儲けるにはトレンドの転換点を見極めることが重要になってきますが、RSIはトレンドの転換点を見極めるのに役立つテクニカル指標です。

相場のトレンドは「買いの勢力」と「売りの勢力」によって決まり、買いの勢力が売りの勢力よりも強い場合は上昇トレンドになり、売りの勢力が買いの勢力よりも強い場合は下降トレンドになります。

RSIは「買いの勢力」と「売りの勢力」のどちらが強いかを数値で現したもので、RSIの数値が50%の場合は売りと買いが拮抗しており、トレンドが発生していないレンジ相場であることがわかります。

RSIの数値が70%を超えている場合は買いの勢いが相当に強く、相場は加熱していて天井圏に近い状態であると判断できます。

RSIの数値が70%を超えるのは「売りシグナル」であり、買いでエントリーしている時は利確をするタイミングです。

RSIの数値が30%を下回っている場合は売りの勢いが強く、相場は底値圏にあると判断できます。

RSIの数値が30%を下回るのは「買いシグナル」であり、売りでエントリーしている時は買い戻して利確をするタイミングです。

「RSIの30%以下は買い、RSIの70%以上は売り」と覚えておくと良いでしょう。

FXで稼ぐ秘訣

初心者がFXで稼げるようになるには、トレード手法とチャートの分析方法についての理解を深めることが大切です。

トレード手法には順張りと逆張りがあり、順張りはトレンドの流れに合わせてエントリーする手法で、逆張りはトレンドの流れに逆らってエントリーする手法です。

トレンド相場の時は順張り、レンジ相場の時は逆張りが適しており、相場の状態はテクニカル分析で判断できます。

FXで稼ぐにはテクニカル分析で相場の状態を正しく判断し、絶好のタイミングでエントリーと利確を行うことが大切です。

error:
タイトルとURLをコピーしました